ヨットクラブゲームズ

ショベルナイト 開発チームインタビュー

「スペクター・オブ・トーメント」が「ショベルナイト」の他のコンテンツ(「ショベルオブホープ」「プレイグオブシャドウズ」等)と異なるところはどのような点ですか。また、それらの違いについてサウンドトラックにはどのように表現されていますか。


YCG:「スペクターオブトーメント」では、主に二つの感情のバランスを表現する試みが見られます。それらは、ストーリーで描かれる深い悲しみと、過激でカッコいいキャラクターです。これらの感情を表現している例としては、「平原の道」のテーマである「影より出でし」の新アレンジがありますが、他の街のテーマ音楽とは対照的です。スローペースながらも際立って存在感を放っている「マジックミラー」のように、より内省的感情の余韻を残しています。


「スペクターオブトーメント」では「ショベルオブホープ」を元にアレンジされていることが特徴的です。曲をアレンジすることと、全く新しいコンセプトから曲を作ることの違いは何でしょうか。


YCG:「スペクターオブトーメント」は、プレイヤーが既に知っているシーンから新しい場面を作り出したことが、面白いチャレンジでした。例えば時計塔のような場所では、マシンナイトの塔の内部での純粋な陰謀ではあったのですが、今回壁が建設されていない状態に戻したので、外に筒抜けになっています。オリジナルステージのテーマのコンセプトも残っていますが、エリア別でのキャラクターアートや物についてはオリジナルを元にデザインしています。アレンジは原曲に寄り添う一方で、以前は存在しなかった背景や敵が出てくることによってもたらされる新しい感情を表現することができます。まず全てに先立って、作曲家のジェイクは過去にゲームプレイヤーが聴いていたものと比べて、常に新鮮で面白いと思ってもらえるアレンジのアイデアを出す必要があったのです!


ジェイクは視聴者に「スペクターオブトーメント」の音楽制作を生放送していましたが、チームの皆様もご覧になったのでしょうか。「スペクター・オブ・トーメント」について、ジェイクの試みによって、当初想定していないかった開発の方向性になるなどの影響はありましたか。


YCG:もちろんチームはジェイクの放送を喜んで観ました。彼のストリーミングは驚嘆に値するので、是非ご覧になることをお勧めします。開発の方向性への影響の面では、ジェイクが曲を創り上げる時までには、既にほとんどの方向性が決まっておりました。しかし、彼の曲を聴く度にチームの士気が大きく上がり、最後の仕上げを隅々までに磨かれて光り輝くものにしたと思います!


「ショベルナイト」のサウンドトラックは、様々な形にてリリースされています。レトロ感が溢れるゲーム「ショベルナイト」の音楽を、とりわけレトロ感が最も溢れるアナログレコードで聴くことができることも面白いと思います。アナログレコードで聴くことについて、どう思いますか。


YCG:素敵です!美しいレコードの回転を見ることやあのシルクのようにスムーズな音が特に素晴らしいと思います。私たちが真似をしようとしていたレトロ時代にあった媒体で人々が「ショベルナイト」のサウンドトラックを聴いているかもしれないことを想像することはわくわくします。


「ショベルナイト」のサウンドトラックの表紙を担当した日本人イラストレーターのありが・ひとし氏や古代彩乃氏とコラボした経験はどうでしたか。彼らの芸術的解釈によって、ショベルナイトの世界観についてクリエイターとしての見方が豊かになるなど、変化がありましましたか。


YCG:全くその通りです!と言いますのも、彼らの芸術は、抜きん出て素晴らしいのです!彼らのショベルナイトの世界観は、私に大きなインスピレーションを与えてくれます。キャラクター個々の特徴を捉えるのが本当に上手で、私たちの誇りです!

 
 

デザイナーインタビュー

「ショベルナイト」についてありが・ひとし氏と古代彩乃氏が語る!

「ショベルナイト」の本編以降、DLCの第1弾となる「プレイグオブシャドウズ」と第2弾となる「スペクターオブトーメント」のサントラ版パッケージイラストも描くことになりました。引き続きショベルナイトに関わる感想を教えてください。


大好きなゲームのサントラの絵を続けて描けるのは、めっちゃ嬉しいです!ゲーム自体も面白くて好きなのですが、キャラクター達がこれまた魅力的なので毎回どんなイラストに仕上げていこうかと、ゲームを遊びながらあれこれと考えるのが楽しいです。


「プレイグオブシャドウズ」と「スペクターオブトーメント」に関して、プレイの感想を教えてください。本編とDLC2弾のなかで、どれが一番お好きですか?


全部気に入っています…が、やはり新しい方が新鮮味があって楽しく感じるのですよね。というわけで、現段階では「スペクターオブトーメント」が一番好きです!ダッシュ斬りでガンガン進むのが気持ち良い…


あとこのコメントを書いている時点ではまだ配信されてない追加DLCも、かなり楽しみにしています。


「プレイグオブシャドウズ」と「スペクターオブトーメント」の一番好きなトラック、人物、ステージは何ですか。


「プレイグオブシャドウズ」で印象的で好きな曲は、「最後のノート」ですね。踊れなかったプレイグナイトが、最後についに!って感じで好きです。


好きなキャラは、断然 モナです!本編では気怠い無口なお姉さんと思っていたらプレイグ編で新たな魅力を感じました。かわいいなあ…


好きなステージは…決めるのが難しいですね。本編をプレイグナイトの操作性で遊んだら違う爽快感があったので、それでどこも楽しかったです。


「スペクターオブトーメント」での好きな曲は「生命の水(爆発研究所)」です。原曲も好きですが、このアレンジの疾走感がお気に入りで、遊んでいる時も気づくと口ずさんでます。


好きなキャラは、魅力的な新キャラが多すぎて困りますね…。あえて決めるならブラックナイトの愛馬テラーピンですかね。


好きなステージは…これもスペクターナイトの操作性が新鮮で、どこのステージを遊んでても面白かったのですが、ダッシュ斬りでズバズバと空中を渡っていくプロペラナイトのステージは、ショベルナイトで遊ぶのと違う気持ちよさがあって好きですね。


「ショベルナイト」シリーズのゲームソフト版イラストは、若干暗い傾向があると思われますが、サントラ版イラストは、色味がより明るく、多彩な印象を与えてきます。色合いの選択やゲームソフト版との差別化に関して感想を教えてください。


色味については彩乃さんに協力してもらっています。二人で話し合って、キャラクターの印象の色をメインに据えています。なるべく公式とは違いつつも、あまり奇をてらったような、偏った感じにならないように気を付けて構成しています。


ゲームソフト版のイラストとの差別化ですが、ゲームソフト版がゲームを紹介する為の絵ならば、サントラの絵はゲームを思い出す絵になればいいな、と考えています。イラストを見た時に「そうそう、こういうゲームだったよね!」ってイメージができる絵にしたいのです。


例えば、ショベルナイトなら下突きが攻略する上で重要なアクションなので遊んでいる人なら下突きにはお世話になっただろうとか、プレイグナイトなら爆弾による爆発ジャンプやモナやバズ、スペクターナイトなら鎌でのダッシュ斬り&赤いドクロ集め、ボクメツ騎士団スカウト…などなど。


イラストを見た時にあの世界での冒険を思い出してもらえれば、嬉しいです!

 

©2018 BRAVE WAVE PRODUCTIONS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.